So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

桜の花が咲く頃に【スジグロシロチョウ】 [神奈川県 鎌倉市]

神奈川県の世界遺産候補、鎌倉にある瑞泉寺は花の寺として有名です。以前、瑞泉寺に桜の花が咲く前までの出来事を書きましたが、今回は桜の花が咲く頃です。瑞泉寺の桜は、梅ほど知られていないけど、楽しいできごとに巡り会うことが出来ました。

01瑞泉寺早春.jpg

瑞泉寺に到着しました。今年の桜は、開花が早くて、ちょっぴりしあわせでした。

02瑞泉寺下庭園のさくら.jpg

梅園がある瑞泉寺の下段の庭園の桜は、あと少しで満開のようでした。

03瑞泉寺花の小径.jpg

庭園の山際は、花の小道になっていてショカツサイが咲いていました。

04瑞泉寺スジグロシロチョウ.jpg

ショカツサイにはたくさんのチョウが吸蜜に訪れていました。そのほとんどがスジグロシロチョウでした。

05瑞泉寺スジグロシロチョウ雌雄.jpg

スジグロシロチョウの中には愛を交わしているものがいました。チョウのしあわせ

06瑞泉寺オオシマザクラとチョウ1.jpg

下段の庭園にあるオオシマザクラにスジグロシロチョウが訪れていました。

07瑞泉寺オオシマザクラとチョウ2.jpg

カメラの露出に失敗して、パソコンソフトで修正しましたが、ダメですね。

08瑞泉寺オオシマザクラとチョウ3.jpg

スジグロシロチョウとオオシマザクラを場所を変えてパチリ。サクラにチョウの写真を撮ることが出来て少ししあわせでした。

09瑞泉寺男坂女坂.jpg

それでは瑞泉寺本堂にお参りに行きましょう。途中の坂の階段は、男坂と女坂の2種類あるそうです。

10瑞泉寺鎌倉石の階段.jpg

古い方の階段(男坂?)は鎌倉石で出来ており、木漏れ日が差し込んでいました。

11瑞泉寺ミツバツツジ.jpg

山門前のミツバツツジが咲いていました。

12瑞泉寺本堂としだれ桜.jpg

山門を入ると上段の庭園の枝垂桜が咲いていました。

13瑞泉寺地蔵と石仏.jpg

お地蔵さまにお参りして、タヌキさまにも手を合わせて、今日のしあわせを願いました。

14瑞泉寺本堂石段のスミレ.jpg

瑞泉寺本堂の石段には、スミレが「花籠の花」の様に咲いていました。

15瑞泉寺どこもく地蔵堂のサクラ.jpg

どこもく地蔵堂の周囲の桜も、もう少しで満開でした。

16瑞泉寺庭園の枝垂れ桜1.jpg

夢窓疎石が作庭した瑞泉寺庭園に枝垂れ桜が咲いていました。

17瑞泉寺庭園の枝垂れ桜2.jpg

枝垂れ桜の枝を変えてパチリ。

18瑞泉寺の桜と月.jpg

帰り際、瑞泉寺の桜に月が浮んでいました。桜の花が咲く頃、瑞泉寺にお邪魔して、楽しく撮影できて、とてもしあわせを感じることができました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

鳳凰堂に鳳蝶は舞った(京都世界遺産編)【ナミアゲハ、アカタテハ、モンシロチョウ】 [京都府]

長い間、ブログをお休みしていました。休止している間もたくさんの方が訪問してくださり、たいへん申し訳なく思っていました。本日から再開します。今年もテーマは「世界遺産とチョウ」です。

01宇治橋と紫式部.jpg

2018年の再開第1回目は京都の世界文化遺産のひとつ「平等院」です。JR宇治駅から平等院に行く途中、宇治橋のたもとに紫式部の像が建っていました。宇治は源氏物語の「宇治十帖」の舞台です。「宇治十帖」の「最後は誰も幸せにならなかった?」どろどろの恋愛物語が大好きです。

02平等院の世界遺産プレート.jpg

青もみじの下、世界文化遺産「平等院」のプレートが建っていました。

03青もみじにアゲハ.jpg

その青もみじの葉の中にナミアゲハが隠れていました。「何もしないから出ておいで。」と優しく語りかけましたが、シタゴコロがバレバレですぐに逃げられました。

04平等院の白藤.jpg

平等院正門前の藤棚は満開で、白藤が花を垂らしていました。花の周りには蜂がブンブン飛んでいて、今日は沢山のチョウに出会えそうな予感がしました。

05平等院正門.jpg

それでは正門から入らさせていただきます

06平等院鳳凰堂とツツジ.jpg

平等院鳳凰堂です。キリシマツツジが満開でした。

07平等院鳳凰堂と鳳蝶1.jpg

キリシマツツジにはナミアゲハが吸蜜に訪れていました。ナミアゲハは別名、鳳蝶とよばれています。

08平等院鳳凰堂と鳳蝶2.jpg

華麗な平等院鳳凰堂をバックにナミアゲハが舞い踊っていました。(ピンぼけご容赦)

09平等院鳳凰堂と鳳蝶3.jpg

世界遺産の華麗な寺院に花とチョウ・・・綺麗だな。(自画自賛)

10平等院鳳凰堂の鳳凰.jpg

金色に輝く平等院鳳凰堂の鳳凰です。鳳凰は、雄は鳳、雌は凰とされていますが、この像はどちらでしょうか?お札にもなった日本を代表するとりの像です。

11平等院藤棚.jpg

この日の平等院の藤棚のフジは3分咲きといったところでしょうか。

12平等院鳳凰堂と藤の花.jpg

以前撮った満開のフジと鳳凰堂です。

13平等院の藤の花に蜂.jpg

フジの花にはたくさんの蜂が訪れていました。

14平等院の藤の花にアカタテハ.jpg

フジの花にアカタテハも吸蜜に訪れていました。世界遺産とチョウの第二号です。

15平等院鳳凰堂正面.jpg

10円玉でお馴染みの華麗なる建物です。

16平等院のスイレン.jpg

スイレンも咲いていました。

17平等院の鐘.jpg

平等院の鐘は華麗なデザインが彫られており、ホンモノは国宝です。鳴らしてみたい。近江の三井寺の鐘、京都の神護寺の鐘と並んで三名鐘のひとつだそうです。

18宇治の橋とツツジ.jpg

平等院を出て、宇治神社にお参りに行きました。朝霧橋の袂のツツジが綺麗でした。

19宇治のツツジとモンシロチョウ.jpg

そのツツジの花の袂にはモンシロチョウが止まっていました。

20宇治十帖。恋物語の始まりです.jpg

源氏物語の男と女。今日から華麗なる花と蝶の恋物語を再開します。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「琵琶湖周航の歌」二番「赤い椿の森陰に」【ナガサキアゲハ、アカタテハ、モンキチョウ】 [滋賀県]

「琵琶湖周航の歌」を歌手の加藤登紀子が歌ってヒットさせたのは、昭和46年のことだそうです。関東に住む若い人の中には、この歌を全く知らない方がいるようです。私は若くないので、このいわゆる「いい日旅立ちソング」が大好きで、旅行中に口ずさむことがあります。

01早春の比良山脈.jpg

JR近江舞子駅で下車し、雄松崎に向かって歩いて行くと後方に比良の山並みが広がります。地質的にはこの花崗岩でできた山並みが白い砂を琵琶湖の浜に供給しているそうです。(な〜んて、まるでぶら○モリのようだ。)

02琵琶湖周航の歌2番歌詞.jpg

お馴染みのパターンで「琵琶湖周航の歌」の二番の歌詞を紹介します。二番は、一番から六番の歌詞の中で、もっとロマンチックな歌詞だと思います。

03近江舞子浜.jpg

近江舞子の浜です。浜といえば、湘南海岸の黒い砂浜しか頭にない「生まれも育ちも神奈川県民」の一人として、こんなにきれいな白い砂の浜は沖縄の八重山以来です。しかも沖縄と違って珊瑚でできてないことにたいへん感動した次第です。この歌がなかったら、多分ここには来なかったと思うとなんか得した気分です。

04松は緑に.jpg

歌詞にある緑の松の中には、この歌ができた当時から生きている木があるようです。よくぞ「松食い虫」の被害にあわずに無事生き延びてくださいました。

05砂は白き.jpg

琵琶湖の浜でも白い砂の浜は、近江舞子(雄松崎)の浜だけのようです。夏は水浴場になるそうです。

06雄松が里椿の森.jpg

一方、雄松が里の赤い椿の森は「琵琶湖周航の歌」がヒットしてからできたようです。「椿を植えよう募金」の看板にそんなことが書いてありました。

07雄松が里の赤い椿.jpg

えーっ!赤い椿の森陰で儚い恋に泣いた乙女は、いったいどこの娘なのだろう。

08ナガサキアゲハツバキ吸蜜.jpg

ところでツバキの花でチョウが吸蜜するシーンはあまり考えられません。何故ならば、ツバキの花が咲いている頃は、まだ気温が低くてチョウが飛ばないからです。しかし、今年、地元で、遠くからですが、ナガサキアゲハがツバキの花で吸蜜している場面を目撃しました。これがその証拠写真です。
でも、もしかしたらこのナガサキアゲハは「赤い椿の森陰」で、恋に破れて泣いていたのかもしれない・・オスですが、何か。(開き直り)

09旧志賀町マンホール蓋.jpg

旧志賀町(現在は大津市)のマンホールの蓋がありました。近江舞子のバックにそびえる比良山脈はシャクナゲの花が有名のようです。シャクナゲの花がマンホールの蓋に描かれていました。

10琵琶湖周航の歌二番歌碑「雄松が里の乙女子」.jpg

駅近くのホテルの前にある二番の歌碑です。このロマンチックな歌詞は、現代の若者が受け継いでください。

11安曇川河口.jpg

琵琶湖西海岸でもっとも自然豊かなところは安曇(あど)川の河口のようなので、行ってみました。安曇川河口は近江舞子の北に位置します。

12安曇川河口の浜辺.jpg

安曇川河口付近の浜は黒い砂利浜でした。

13安曇川河口の水辺.jpg

安曇川河口は「びわ湖こどもの国」があって、訪れた日が休日だったので、園内はとても賑やかでした。「びわ湖こどもの国」と河口を挟んで対岸に「安曇川園地」があって、そちらの方が昆虫がたくさんいそうだったのですが、残念ながら時間切れ。再訪したいものです。

14ナガサキアゲハ吸蜜.jpg

それでもツツジの花でナガサキアゲハが吸蜜したり、

15アカタテハ吸蜜.jpg

アカタテハが浜で咲いていたムシトリナデシコに吸蜜に訪れていました。

16モンキチョウ吸蜜.jpg

ムシトリナデシコにはモンキチョウも訪れていました。
次は「琵琶湖周航の歌」三番の高島市の今津町のことですが、いつのことになることやらと開き直り。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

「琵琶湖周航の歌」一番「われは湖の子」【ナガサキアゲハ、ナミアゲハ】 [滋賀県]

今年は「琵琶湖周航の歌」が誕生して100周年だそうです。琵琶湖のある滋賀県には「日本全国蝶探しの旅」でまだ行ったことがないので、行ってみようと思い立ちました。

00近江今津駅琵琶湖周遊の歌100周年.jpg

「琵琶湖周航の歌」で町おこしをしているのは、高島市にある今津町です。JR近江今津駅には100周年ののぼり旗が立っていました。

01琵琶湖周航の歌資料館.jpg

今津町にある「琵琶湖周航の歌資料館」に行きました。そこでの話は別の機会に・・・

02琵琶湖周航の歌1番歌詞.jpg

「琵琶湖周航の歌資料館」の周りには歌詞が書かれたプレートが立っていました。それでは、みなさん、サン、ハイ♪「われーはうーみのーこ」♫

03琵琶湖周航の歌1番石碑「われは湖の子」.jpg

「琵琶湖周航の歌」には一番から六番まで、歌詞に出てくる場所ごとに歌碑が建っています。大津港の外れにある三保ヶ崎には「琵琶湖周航の歌」の一番の歌碑が立っていました。この歌の作詞者小口太郎はここからボート仲間と6月27日、琵琶湖周航の旅に出航したそうです。
一番の歌碑「われは湖の子」の周囲は公園になっていて、

04ナガサキアゲハ吸蜜.jpg

公園のツツジの花にナガサキアゲハのオスが吸蜜に訪れていました。

05ナガサキアゲハ飛翔「いざさらば」.jpg

ナガサキアゲハが飛び立ったところをパチリ。チョウも旅立ちの時のようです。♪「志賀の都よ いざさらば」♪

06琵琶湖第1疏水揚水機場.jpg

三保ヶ崎は「琵琶湖の水を京都市に送る。」琵琶湖疏水の入口にあたります。琵琶湖疏水の流れに沿って行くと「琵琶湖第1疏水揚水機場」が建っていました。浮き彫りの模様は大津絵の藤娘のようです。

07琵琶湖疏水伊藤博文の扁額.jpg

琵琶湖疏水の流れは、ここからトンネルを通って京都まで行きます。トンネルの入口にある扁額は明治の元勲、伊藤博文公が揮毫しました。「気象萬千」は「様々に変化する風光はすばらしい。」という意味だそうです。

08岡崎琵琶湖疏水.jpg

琵琶湖疏水は京都市の岡崎から川となって流れ出します。京都市の新しい文教ゾーン岡崎の街は琵琶湖疏水と共にあるようです。

09岡崎琵琶湖疏水桜並木.jpg

岡崎を流れる琵琶湖疏水の岸辺は、桜並木になっていてとてもきれいでした。桜は散り際だったので、花びらが花筏となって、疏水の水面を流れていました。

10岡崎琵琶湖疏水遊覧船1.jpg

この時期、期間限定で琵琶湖疏水を「桜回廊十石船めぐり」の遊覧船が運航しているそうです。機会があったら乗ってみたいものです。

11岡崎琵琶湖疏水遊覧船2.jpg

琵琶湖疏水の桜並木を見ながらの遊覧は気分最高かもね。

12平安神宮応天門.jpg

今回の旅は平安神宮にお参りしてきました。立派な平安神宮応天門です。

13平安神宮手水鉢蒼龍.jpg

平安神宮に入ると右側に東の守護神、蒼龍の手水鉢がありました。

14平安神宮手水鉢白虎.jpg

反対側の手水鉢は西の守護神、白虎でした。

15平安神宮右近の橘.jpg

平安神宮は御所と同様に左側に「右近の橘」がありました。

16平安神宮左近の桜.jpg

右側にある「左近の桜」は、すでに葉桜となっていました。

17平安神宮南神苑シダレザクラ1.jpg

平安神宮の神苑に入場させていただきました。ここは、明治の名庭師七代目小川治兵衛が手がけた名庭園だそうです。神苑は、南神苑、西神苑、中神苑、東神苑の順に4つの趣きの異なる回遊式庭園で構成されていました。4月中旬の南神苑は、華やかな桜の園になっていました。

18平安神宮南神苑シダレザクラ2.jpg

南神苑のシダレザクラは花が満開でとてもきれいでした。

19平安神宮西神苑アオサギ.jpg

平安神宮神苑にある回遊式庭園の池の水は、琵琶湖疏水の水が使われています。西神苑の池でアオサギが羽繕いをしていました。西神苑の売りはハナショウブで、ハナショウブの花が咲く頃が一番きれいなようです。池の名前は西の守護神にちなんだ白虎池です。

20平安神宮中神苑臥龍橋.jpg

その先にある中神苑の池は、なぜか東の守護神蒼龍の名前がついた蒼龍池です。池には飛び石でできた臥龍橋がかかっていました。

21平安神宮中神苑休憩所.jpg

中神苑の休憩所で一休み。今日は何を食べようかな。

22平安神宮東神苑泰平閣.jpg

東神苑の栖鳳池には京都御所から移築した泰平閣がかかっており、とても絵になる光景です。

23平安神宮神苑メジロ.jpg

平安神宮の神苑でチョウが飛んでいないか探しましたが、とても人が多くて、全く飛んでいませんでした。チョウの代わりに桜の花の蜜を吸いに来たメジロを撮りました。

24平安神宮神苑アオジ.jpg

地べたにはアオジが餌を探していました。

25平安神宮神苑カワラヒワ水浴び.jpg

琵琶湖疏水から栖鳳池に流れる川の浅瀬でつがいのカワラヒワが水浴びをしていました。琵琶湖疏水の水は野鳥も潤していました。

26琵琶湖疏水スズメとサクラ.jpg

琵琶湖疏水の桜並木にいたスズメは強引な方法で花の蜜を吸っていました。

27岡崎シダレザクラにナミアゲハ吸蜜.jpg

岡崎公園のシダレザクラにナミアゲハが蜜を吸いにきたところを撮りました。桜が咲く頃はまだチョウが飛ぶ時期ではないようです。以上

28大津市マンホール蓋.jpg

京都から琵琶湖に戻りました。大津港にあった大津市のきれいなマンホールの蓋です。「琵琶湖周航の歌」と思われる場面が描かれていました。

29琵琶湖周遊船.jpg

観光客は大型客船で琵琶湖周航を楽しめるようです。時間があれば乗ってみたいのですが・・・残念ながら、この日の運航は終わっていました。

31満月寺浮御堂.jpg

歌川広重の浮世絵「近江八景」の「堅田落雁」に描かれた堅田にある浮御堂は、琵琶湖の代表的な風景の一つです。次は時計回りに北上した歌の二番に出てくる雄松崎の話しです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

桜の花が咲く前に【ベニシジミ、スジグロシロチョウ】 [神奈川県 鎌倉市]

神奈川県の世界遺産候補、鎌倉にある瑞泉寺は花の寺として有名です。特に梅はたくさん植えられており、花の時期は瑞泉寺のある紅葉が谷に馥郁たる香りが漂います。また裏山には悲しい伝説のやぐら群があります。

01二階堂コブシ.jpg

瑞泉寺に行く途中にある永福寺跡にコブシの花が咲いていました。

02二階堂シデコブシ.jpg

さらに行くと商店の店先にシデコブシの花が咲いていました。

03瑞泉寺手水所.jpg

瑞泉寺の手水所には落椿が水中花を咲かせていました。風流なはからいです。

04瑞泉寺ツバキ.jpg

本堂前にツバキの花が咲いていました。

05瑞泉寺本堂前浅い春.jpg

春がまだ浅い頃の瑞泉寺の庭園での出来事です。

06瑞泉寺梅の古木.jpg

本堂前の庭園の梅の古木に花が咲き始めていました。

07瑞泉寺白梅.jpg

白梅も咲いていました。

08瑞泉寺ウメジロー.jpg

一応、動物関連のブログなので、梅の花の蜜を吸いに来たメジロをパチリ。

09瑞泉寺オウバイの木.jpg

本堂前にはオウバイ(黄梅)の花が咲いていました。オウバイは梅の品種の一つとのことです。ウメとは別の種類のロウバイの仲間ではありません。

10瑞泉寺オウバイの花.jpg

オウバイの花です。独特の形です。

11瑞泉寺しだれ梅.jpg

本堂脇のしだれ梅も咲き始めていました。

12瑞泉寺福寿草.jpg

庭園には福寿草も咲いていました。

13二階堂ベニシジミ静止.jpg

早春のベニシジミは翅にある青い斑点が目印です。

15天園瑞泉寺やぐら群.jpg

瑞泉寺の裏山には、鎌倉時代に掘られたたくさんのやぐらがあり、それらは「瑞泉寺裏山やぐら群」とよばれているようです。「瑞泉寺裏山やぐら群」は鎌倉幕府滅亡の悲しい伝説が語られています。

16天園瑞泉寺偏界一覧亭.jpg

本堂裏にある夢窓国師作庭の庭園には、裏山に登る道があり、この道はこの東屋(偏界一覧亭)に続いているそうです。

17天園展望台鎌倉市街.jpg

偏界一覧亭は、一般人が立ち入ることはできませんが、ハイキングコースの道をもう少し進んで行くと展望台があり、そこから鎌倉の街並みを見ることができます。京都や奈良と違い鎌倉は海が見れる唯一の古都です。

18天園貝吹地蔵.jpg

敗走中の鎌倉幕府軍にほら貝を吹いて新田軍の侵攻を知らせた「貝吹地蔵」の伝説がある石のお地蔵様です。

19瑞泉寺スジグロシロチョウ吸蜜ショカツサイ.jpg

お彼岸が過ぎて、陽気が暖かくなると、瑞泉寺の庭園にチョウが飛び始めました。ショカツサイにスジグロシロチョウが吸蜜に訪れていました。

20瑞泉寺スジグロシロチョウ吸蜜ウメ.jpg

ウメの花にも吸蜜に訪れていました。

21瑞泉寺スジグロシロチョウ静止レンギョウ.jpg

レンギョウにも止まっていました。

22瑞泉寺スジグロシロチョウ吸蜜スイセン.jpg

スイセンの花にも訪れていました。

23瑞泉寺アセビ吸蜜ハナアブ.jpg

アセビの花にハナアブが訪れていました。

24瑞泉寺に現れたタヌキ.jpg

瑞泉寺の裏山から皮膚病にかかったタヌキが2頭降りて来たようです。

25瑞泉寺狸和尚と仲間たち.jpg

瑞泉寺の狸和尚にタヌキの病気がよくなるようにお願いしました。

26瑞泉寺モミジの芽吹き.jpg

サクラの花が咲く前に、瑞泉寺ではモミジの芽吹きが終わっていたようでした。

27瑞泉寺モミジの花.jpg

モミジが花を咲かせ始めました。これからの季節、サクラの花との競演が楽しみです。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

いざ鎌倉【ムラサキシジミ】 [神奈川県 鎌倉市]

鎌倉にある人気の花の寺「明月院」も、お彼岸前は梅の花と桜の花の端境期にあたり、静かな時を楽しめます。暖かい春の陽気はまだのようで、チョウはいつになったら飛ぶんだろう・・ちょっとジリジリした気持ちです。

01明月院総門秋.jpg

紅葉の頃の明月院は、人で溢れ賑やかです。まだ人の出が少ない朝に訪れました。

02明月院朝霧秋.jpg

明月院は谷戸の中にあるので、秋は朝靄に包まれることがあるようです。朝日が靄でプリズムされ、七色に光っていました。

03明月院時頼廟所.jpg

明月院にある鎌倉幕府五代執権、北条時頼公の廟所も朝靄に包まれていました。

04明月院北条時頼公墓.jpg

明月院の奥には名君の誉れ高い北条時頼公のお墓がありました。

05明月院鉢の木(松).jpg

北条時頼公は謡曲「鉢の木」に出てくる「いざ鎌倉」の主人公のひとりです。明月院の本堂の前に松の鉢の木が置かれていました。

06明月院朝露に濡れた薔薇.jpg

明月院の「月の広場」に植えられているバラの花が朝露で濡れていました。

07明月院竜胆と紅葉.jpg

苔の庭はリンドウが咲いて、紅葉が散っていました。

11明月院開山堂の秋.jpg

茅葺き屋根の開山堂は紅葉に囲まれていました。

08明月院瓶の井秋.jpg

鎌倉にある「鎌倉十井」の一つ「瓶の井」です。かつて鎌倉十井はどこも名水が湧く井戸だったようですが、今も現役で使われているのはこの「瓶の井」のみだそうです。井戸の背後にある紅葉が綺麗でした。

10明月院花想いの地蔵様秋.jpg

花想いの地蔵様です。背後の樹々が紅葉していました。

12明月院本堂秋「悟りの窓」.jpg

明月院本堂にある「悟りの窓」。窓の向こうには紅葉に彩られた本堂の後庭園が広がっていました。

14明月院後庭園本堂紅葉.jpg

後庭園はハナショウブの咲く頃と紅葉の彩りが艶やかな頃の年二回入ることができます。紅葉の後庭園に入れさせていただきました。

15明月院後庭園紅葉.jpg

後庭園には大勢の方が訪れていました。

16明月院後庭園青地蔵様.jpg

後庭園では青地蔵様が出迎えてくださいました。

17明月院後庭赤地蔵様.jpg

後庭園おいでの赤地蔵様も出迎えてくださいました。鮮やかな紅葉の下、微笑んでいました。

21明月院雪笹.jpg

鎌倉に雪が降った翌朝、明月院を訪れました。クマザサの上にうっすらと雪が積もっていました。謡曲「鉢の木」は、雪の夜から始まります。

24明月院花想いの地蔵様冬.jpg

花想いの地蔵様も雪の朝は寒そうです。「鉢の木」の話しは、こうです。「大雪の夜、見知らぬ旅の僧が一晩の宿を求め、あばら屋を訪れました。あばら家の主人はなけなしの粟飯でもてなしたそうです。」

22明月院開山堂と梅.jpg

雪降った翌朝の開山堂と梅の花。「鉢の木」の続きです。「あばら屋の主人は旅の僧の暖をとるため、大切にしていた松と梅と桜の鉢の木を薪としてくべたそうです。主人は「今は貧しくても、鎌倉幕府に何かあれば、一番に馳せ参じる。」との覚悟を旅の僧に話したそうです。翌朝、旅の僧は旅立ちました。」

23明月院雪の朝.jpg

本堂前の枯山水の庭もうっすらと雪が積もっていました。「鉢の木」の話しをさらに続けると「春になって、鎌倉幕府から近隣の御家人あて召集の命令があり、あばら屋の主人も真っ先に馳せ参じたそうです。居並ぶ幕府の最高責任者の一人に旅の僧がいました。その旅の僧こそ前執権、北条時頼公でした。「いざ鎌倉」と馳せ参じたあばら屋の主人に時頼公は雪の夜のお礼として鉢の木にちなむ土地を与えたとのことです。」

26明月院本堂冬「悟りの窓」.jpg

冬の朝の「悟りの窓」です。

25明月院「悟りの窓」冬.jpg

悟りの窓がある部屋は、陽の光で赤く染まり何か暖かそうです。

27明月院ヤマガラ花子.jpg

明月院の小鳥の家からヤマガラの花子が飛び出しました。

28明月院小鳥の家.jpg

小鳥の家には小鳥の餌を横取りしにくるタイワンリスもいました。

29明月院ガビチョウ.jpg

小鳥の家からこぼれた餌を拾いにガビチョウも訪れていました。本日のチョウはこのガビチョウです。

30明月院マンサク.jpg

明月院の早春の頃の庭。まず最初に咲くのはマンサクです。

31明月院ロウバイ.jpg

ロウバイの花も咲いていました。

32明月院山門ロウバイ.jpg

アジサイの頃は大勢の人で溢れる参道も今はひっそりです。ロウバイが咲いていました。

40明月院雪柳.jpg

明月院の庭では、梅の花が終わりしだれ桜の咲く前にユキヤナギの花が咲き出します。訪れた時期が早かったため、まだ花は少ししか咲いていませんでした。

41大船植物園雪柳.jpg

鎌倉にある大船植物園には見事なユキヤナギの花が積もる雪のように咲いていました。

42明月院椿の花.jpg

明月院にツバキの花が咲いていました。

43鎌倉中央公園ムラサキシジミ静止.jpg

鎌倉中央公園のサザンカの枯れた花にムラサキシジミが訪れていました。

44鎌倉中央公園ムラサキシジミ開翅.jpg

春が浅い暖かい日には、越冬中でもムラサキシジミは日向ぼっこで暖をとるようです。

45明月院月笑軒甘酒.jpg

明月院にあるお茶屋「月笑軒」で暖かい甘酒をいただき、体の中から暖をとりました。

46明月院月の広場.jpg

明月院の月の広場にはたくさんのウサギ(置物)がいて、その隣には鉢の木が植えられていました。ウサギたちの「いざ鎌倉」のようです。

47明月院ウサギとカメ.jpg

「いざ鎌倉」召集の命が下されれば、ウサギばかりかカメも馳せ参じる覚悟のようです。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

京都の水と花とチョウを訪ねる旅その1(京都世界遺産編)【モンシロチョウ】 [京都府]

梅の見頃がそろそろ終わり、桜の開花が楽しみな時期となりました。しかしチョウが飛ぶにはまだまだ寒いようです。

01紅白梅図屏風.jpg

自由な雰囲気、作家の個性が光る琳派芸術が大好きです。梅の咲く時期は、熱海にあるMOA美術館で国宝「紅白梅図屏風」を観たくなります。今年も出会うことができました。

02紅白梅図屏風の紅梅.jpg

尾形光琳の描く梅は「光琳梅」といって、日本を代表するデザインのひとつだそうです。「紅白梅図屏風」は尾形光琳晩年の傑作で、京都にあった光琳の屋敷で描かれたといわれています。

05賀茂大橋から.jpg

冬の京都。賀茂大橋から見た鴨川の風景です。冬は鴨川の水量が少ないので、飛び石で鴨川を渡ることができます。飛び石で渡る方はみんな楽しそうでした。

03京都の鯖街道口.jpg

若狭で採れたサバを海のない京都まで運ぶ道「鯖街道」の終着地は京都の出町です。

出町の泉.jpg

出町のロータリー広場の中心に泉が湧いています。ここから京都の水を訪ねる旅を始めました。

04妙音弁財天の手水舎.jpg

出町にある妙音弁財天の手水舎は京都の美味しい地下水が楽しめるところです。お寺の方の話しによると地下の水脈は出町のロータリー広場の泉と同じとのことでした。

06冬の糺ノ森.jpg

橋を渡って下鴨神社に行きました。冬の朝、糺ノ森は静かです。心が洗われる京都パワースポットのひとつです。

08下鴨神社は世界遺産.jpg

下鴨神社は世界文化遺産です。

09下鴨神社の連理の枝.jpg

下鴨神社のパワースポットの一つ「連理の賢木」です。隣には縁結び神様が祀られている相生社で、いっぱいいっぱいお願いをしました。

10下鴨神社の光琳の梅.jpg

早春の下鴨神社の見どころの一つに尾形光琳が「紅白梅図屏風」のモデルにしただろうといわれている「光琳の梅」があります。その「光琳の梅」は満開を迎えようとしていました。

11光琳の梅とメジロ番.jpg

一応、動物関連のブログなので「光琳の梅」の蜜を求めて飛んできたメジロをパチリ。

12メジロと光琳の梅.jpg

「光琳の梅」かメジロか、とちらが主役がわからなくなりましたが、とりあえず両方とも上手く撮れたようです。

13御手洗三本杉.jpg

下鴨神社の手水舎の水はいずれも京都の名水のようです。「御手洗三本杉」の水は、水汲みに来られる方もいるそうです。

14御手洗直澄.jpg

下鴨神社の手水舎の水盤は船の形をしているのが特徴のようです。「御手洗直澄」の水も京都の名水の一つだそうです。

15御手洗川と井上社.jpg

水の女神様を祀る井上社(御手洗社)とその水を源とする御手洗池です。井上社の下にある井戸は、今はポンプで揚水しているようですが、かつては地下からゴボゴボと湧き出していたようです。

16みたらし団子.jpg

井上社(御手洗社)のゴボゴボと湧き出した湧き水の水泡の形を参考にして、みたらし団子ができたそうです。下鴨神社の前にあるお菓子屋さんでみたらし団子をいただきました。

17下鴨神社の媛小松.jpg

下鴨神社に梅があるならと探したところ、松もありました。松葉が可愛らしい「媛小松」はご神木として祀られていました。

18下鴨神社の竹.jpg

梅も松もということで、竹も探せばありました。これでおめでたい下鴨神社の松竹梅です。

07糺ノ森と泉川.jpg

糺ノ森の霊気のひとつに泉川の流れがあります。

19豆茶と申餅.jpg

下鴨神社にお参りした後は糺ノ森の中にある茶店で茶豆と申餅をいただきました。下鴨神社の周りは美味しいお菓子処がいっぱいです。

20下鴨神社桜と楼門.jpg

もうすぐ下鴨神社も桜の候となります。

21モンシロチョウ静止.jpg

その頃になればモンシロチョウも飛ぶでしょう。

22菓子屋出町ふたば.jpg

出町の商店街には京都を代表する餅菓子屋「出町ふたば」があります。餅菓子を買うためには長い行列を並ばないといけないのですが、

23出町ふたばで大人買い.jpg

お土産にすると、と〜っても喜ばれるので、ついつい大人買いをしてしまいます。鴨川の辺りで豆餅、いただきま〜す。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

啓蟄の候。桜と雪割草を愛でる。【キタテハ】 [神奈川県 鎌倉市]

春。虫がもぞもぞ動き出す啓蟄が過ぎ、チョウが飛び始める時候となりました。鎌倉では玉縄桜という早咲きの桜が満開となっております。本ブログもご無沙汰していましたが、そろそろ本格的に長い眠りから目覚める頃となってきました。??

01大船観音.jpg

東海道線や横須賀線で大船駅を通り過ぎると右側の車窓に大きな観音様が見えます。大船観音です。

02大船フラワーセンター.jpg

でも、今回は観音様のお参りではなく、同じ大船にある神奈川県立フラワーセンター大船植物園で可愛いいお花たちに会いに行くことです。

03玉縄桜(樹木).jpg

この日は早咲きサクラの「玉縄桜」が満開でした。玉縄桜は同センターが作出したサクラの品種です。

04啓蟄の頃の玉縄桜.jpg

啓蟄の日。鎌倉はポカポカの日が当たって過ごしやすい陽気でした。陽気に誘われてハナアブが玉縄桜の花粉を食べに花を訪れていました。

05玉縄桜とメジロ.jpg

別の場所で咲いていた玉縄桜にはメジロが花の蜜を求めて訪れていました。

06アセビ.jpg

アセビの花は芳香を放っていました。

07エリカ(白).jpg

可愛いいエリカの花が咲いていました。

08ジャノメエリカ(紫).jpg

ジャノメエリカの花も良い香りがするそうですが、花粉症の鼻づまりでは全く臭いませんでした。

09オオミスミソウ(紫).jpg

雪の多い日本海側の里山に咲くオオミスミソウが、フラワーセンターで咲いていました。

11オオミスミソウ(うす紫).jpg

オオミスミソウの花はいろとりどりです。

11オオミスミソウ(紫一輪).jpg

紫一色のオオミスミソウです。可愛い花に今年も出会うことができました。

12キタテハ静止.jpg

啓蟄の日。陽気に誘われて越冬中のキタテハが飛び出したようで、パンジーの花に止まっていました。

13キタテハ吸蜜.jpg

同じキタテハが菜の花で吸蜜を始めました。今年もたくさんのチョウに出会えるといいなあ・・・

14ハルサザンカとメジロ.jpg

ハルサザンカの花にはメジロが吸蜜に訪れていました。

15ツバキ(蜀紅).jpg

赤に白い斑が印象的なツバキの品種「蜀紅」が咲いていました。どこかで見たことがあると思ったらNHK大河ドラマのオープニングを飾る花に似ているような気がします。
タグ:キタテハ
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

お菊さんの物語(姫路城世界遺産編)【ジャコウアゲハ】 [兵庫県]

世界遺産とチョウがテーマなのにぜんぜん違うじゃんと言われる前に、日本で一番有名な世界遺産、姫路城の話しです。

01世界遺産姫路城.jpg

平成の大修理が終了した姫路城です。白鷺城の名前のとおり、まぶしい白の大天守が青空に映えます。

02十月桜と姫路城.jpg

まだ大天守の白い漆喰が汚れないうちに行きたいと思い、念願が叶いました。なかなかたどり着かない大天守への道の途中で十月桜が満開を迎えようとしていました。

03ジャコウアゲハ吸蜜.jpg

春のある日、神奈川県鎌倉市でジャコウアゲハが飛んでいました。なぜジャコウアゲハが突然登場したかと言えば・・

04揚羽蝶の瓦1.jpg

姫路城を建てたのは徳川家康の娘婿の池田輝政公です。その池田家の家紋である揚羽蝶が瓦の文様に使われているからです。この巨大な城で西国大名ににらみを利かせていたようです。

05揚羽蝶の瓦(門).jpg

揚羽蝶の瓦の文様は数種類あるようです。

06逆さまの揚羽蝶.jpg

極め付きは最上階に1箇所だけある逆さ文様の揚羽蝶ですが、なぜ逆さ文様なのかは不明だそうです。逆さ文様の揚羽蝶の瓦は姫路城の最初の展示品として城内の展示コーナーにありました。

07お菊井戸.jpg

姫路城の上山里という広場に播州皿屋敷で有名なお菊井戸がありました。お菊さんのことは室町時代の頃の話しで、現在の姫路城とは無関係です。しかし夜な夜な美人のお菊さんの幽霊見たさに人が集まり、夜店では「お菊まんじゅう」に「10枚入りお菊せんべい」。お菊せんべいは一枚たりない・・・。おっとこれは落語のネタでした。(お菊の皿)

08お菊神社案内板.jpg

姫路城に行く途中に、悲劇のヒロインお菊さんを祀ったお菊神社がありました。ジャコウアゲハのさなぎはお菊さんが縛られた姿に似ているので昔からお菊虫と言われているそうです。

09お菊神社.jpg

お菊神社に到着しました。姫路市にあるNPO法人は町おこしにジャコウアゲハを増やそうという取組みをしているそうです。たくさんのチョウに出会えるように願掛けをしました。

10ジャコウアゲハさなぎ(お菊虫).jpg

春に地元の河原で見かけたお菊虫ことジャコウアゲハのさなぎです。他のチョウには見られない不思議な形です。

11ジャコウアゲハ吸蜜1.jpg

地元で撮ったきれいなジャコウアゲハです。ちなみに美人のお菊さんのお墓は地元神奈川県平塚市にあります。番町皿屋敷の話しのことですが・・。合掌
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

宝の里山【ヤマトシジミ、チャバネセセリ、ツマグロヒョウモン】 [兵庫県]

晩秋の頃、兵庫県に出かける機会がありました。用事が済んだ翌日、宝塚市にあるJR線廃線跡のハイキングコースを歩いてきました。

01宝塚レビュー.jpg

阪急電車の宝塚駅に到着しました。ハイキングの後、駅から宝塚をちょっと散歩しました。その話しは後ほど・・・。

02宝塚の廃線跡入口.jpg

JR線に乗り換えてハイキングコース入口のある駅で降りました。コースの入口にあるトンネルを抜けると川沿いの道に出ました。その道で昆虫を探しながら歩きました。

03柿の実.jpg

たくさんの柿が実っていました。

04さくらのもり記念碑.jpg

廃線沿いの道は桜がたくさん植えられており、春は花見の名所となるそうです。

04廃線跡の紅葉.jpg

秋は紅葉狩りでにぎわっていました。

05ヒメツチハンミョウ.jpg

線路の枕木の上にヒメツチハンミョウが歩き回っていました。

06カマキリ.jpg

カマキリも川辺から下を覗いていました。

07ヤマトシジミ静止.jpg

ヤマトシジミが翅を広げていました。今回の目的は瀬戸内地方に亜種がいる翅表が黒いシジミチョウを探すことでしたが、残念ながらいませんでした。目的のシジミチョウの食草、ツメレンゲは既に枯れていました。食草もチョウも絶滅危惧種で里山の宝です。

08チャバネセセリ静止.jpg

チャバネセセリがキクの花で吸蜜していました。

10野葡萄.jpg

野葡萄も実を付けていました。

11あかまつ展望台.jpg

あかまつ展望台に到着です。山にも登ってみましたが、チョウはいませんでした。

12リスの桜守り.jpg

山からの下り道でリスの像が立っていました。桜守の仕事をしているようです。ここはある一人の桜守りの物語で有名で、里山の環境は市民の手で守られているそうです。

13ツマグロヒョウモン羽化.jpg

宝塚の街中に戻りました。遊歩道の花壇でツマグロヒョウモンが羽化していました。

14アトムポーズ2.jpg

遊歩道の終点にある宝塚市立手塚治虫記念館に行ってきました。記念館では鉄腕アトムと一緒に写真が撮れるようになっていました。思わずアトムポーズをとってしまいます。

15手塚治虫記念館のオサムシ.jpg

手塚治虫はオサムシが大好きです。記念館の生命維持装置にはテヅカオサムシが眠っていました。

16手塚少年の宝塚.jpg

手塚少年が虫取りに熱中していたころの宝塚の里山のジオラマです。宝の里山を見に火の鳥のタイムマシンに乗って行きたいな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -